• MZE_001
  • MZE_002
  • MZE_003
  • MZE_004
  • MZE_005
  • MZE_006
  • MZE_007
  • MZE_008
  • MZE_009

寒冷地に建つおおらかな住宅です。

建物外皮を敷地に対して回転させることで、4つの効果を生み出しています。

①隣家との暗い隙間がなくなり、周辺の畑や道路、隣の庭を取り込み、都市的な広がりを持ちます。
②近隣の家とのお互いの視線をいなしています。
③回転につられて折れ曲がった外壁が、室内に取り込む風景を多様にしています。
④外皮のみを回転させることで、内部の空間にくびれが生じ、独立性を確保しながらも緩やかに繋がる内部空間となっています。

寒冷地ということで外壁部分にのみコストをかけ、内部はDIY可能なラフな仕上とすることでコストを抑えるとともに、仕上のコントラストが空間を豊かにしています。


所在地  :北海道函館市
用途   :住宅
竣工年月 :2008.12
構造規模 :木造、一部鉄骨造 地上2階
敷地面積 :231.4㎡
建築面積 :92.0㎡
延床面積 :139.1㎡

田中昭成ケンチク事務所と共同設計
(構造設計:名和研二)